禁煙ブームの大きな波に乗りまくれ!

Share on GREE
Pocket

タバコは精神的な部分にいい影響があって、ストレスの軽減になることがある。
そんなに言われてほど危ないものではないのではないか?

そんな喫煙者で最近禁煙を考えている方に聞いて頂きたいお話です。

タバコはストレスに効果があると言われていました。ストレスをためないためにタバコくらい悪くないこととして考えられ今ほど問題はなかったことです。しかし、おおくの研究や実験結果でこのことが否定されています。

タバコを吸っている状態のときの検査や能力テストを行い、5日間タバコを我慢してもらっての同じテストでとくに変化はなく、変化があったことは、体が全体的によくなっていることでした。たった5日間で体調が改善されているのです。やめるだけで。

ストレスに効果があるということはどんな検査や研究でも証明されていません。どんな効果や影響があるかは、たくさんあります。全て体に悪い効果と影響です。タバコのよいところはまったくなく、悪いところだらけなのです。

健康ブームでもある今、体に悪い食べ物や飲み物にとても気を使っていませんか?そうではなくても、自然とそんな食材などを選んでいる方がほとんどです。無農薬や無添加のものを優先します。人間関係でもなんでも自分とって悪影響のものはやめることが普通です。タバコもその仲間です。そう考えると簡単にやめれそうなきがしませんか、タバコを。

本当にそうなのかと思っている方へ、タバコは体にとても害のある非常によくないもののひとつです。これは確実で本当のことなのです。農薬のついている食べ物などよりはるかに悪い成分がたくさん入っていてかなりの悪い影響を体に及ぼします。これは問題ですね。

これもタバコの悪影響のひとつです。依存性があることです。麻薬と同じことになります。精神的なストレスが軽減されているという勘違いでタバコはいいと思わせられていると自覚しましょう。タバコでストレスがなくなるということは一切ないのです。あることは、体の機能の全てによくない影響と癌になりやすいことと、死に少しずつ近づいていることなのです。

大事な人の素敵な笑顔や仕草、大事な人との楽しいひと時はかけがえのないものです。もっとたくさん同じ時間を楽しく、見たい、過ごしたいと思うなら決意するべき簡単なことではないでしょうか。今日から禁煙です。

Share on GREE
Pocket