お肌や妊婦さんにうよくない副流煙

[`evernote` not found]
GREE にシェア
Pocket

いつものタバコを急にやめてしまうことはかなりキツイことです。どうやってやめるかがポイントになります。そんな状況の方にタバコをやめるとどうなるかを知っているだけで、禁煙の辛さを乗り越えるための強いマインドをもつことになります。

タバコについて知ってますか?
まずは、タバコの煙には約4,000種類以上の科学物質と発がん性物質の60種類が含まれています。そして、タバコに含まれているニコチンは、ヘロインなどと同じように依存性のある薬物といえるほどのものです。

30代辺りから若さがなくなる
タバコをよく吸うと、顔の目じりや口まわりのしわが増え唇が乾燥し、実際の年齢より老けて見えてきます。若いうちはそんなに気にならないことですが、30歳を過ぎてくると、タバコを吸っているかいないかでの違いが明らかになってきます。そして全体的にの肌のいろが暗くなり、さらに老けて見えてしまいます。そして白髪も増える。ぱっと見の印象は、「若さがない、老けている」となります。

どんどん体が鈍くなる
タバコを吸っている人と吸っていない人とでは疲れ度合いが違います。とにかく普通の倍は疲れることになります。その訳は、血流が悪くなることが原因になります。ただ歩くだけでも、なにをしても、通常より倍の力が必要となってくるので疲れるのです。

やっぱり若さは魅力です
今まだ20代の方ならば、まったく気にならないことですが、30過ぎの方々ならばほぼそう思うことです。年齢の若さはどうしようもありませんが、若さがある人にはなれます。タバコをやめるだけで。

タバコで損すること
体に良くない損と、もうひとつはタバコのニオイです。これが嫌いな方は多くいます。吸っている本人は気付かないのですが、吸わない周りの方はきになります。臭い人、タバコを吸う人とは付き合いたくないということがほとんどの吸わない方の基準になっていることもあります。

周りによくない
小さな子どもや妊婦さんに非常によくないタバコの煙です。自分だけの害だけならまだしも、近くにいる方に悪影響を及ぼす大変なことえをやっています。

よくないことだらけのタバコ
これだけよくなことがたくさんあるタバコです。しかも、お金もかかる。いままでに吸ってきたトータルを計算するとビックリする金額になっているはずです。全てにおいて、もったいないことのひとつです。タバコを吸うだけでの損はまだまだあります。スマホで調べてみるとよくわかることでです。それでも吸いたいですか?やめたほうがステキです。

[`evernote` not found]
GREE にシェア
Pocket